出会いでの意見に熊本では異議を唱えなかった

私は出会い日記にいます
長寿の貢献者についてのみ
狙えないと思う
もっと書きます

出会い
毛利敬親について書いてみましょう。彼は吉親としても知られています。

彼は長州藩の13番目の藩主です。

「毛利敬親は、江戸時代末期の混乱の中で活躍する家臣を任命し、若い才能を守ることで、貧しい長州藩を豊かにし、江戸時代末に男性藩に引き渡した。作った人としても有名です」(ウィキペディア)

それはかなり良い領主です。しかし、島津斉彬と並んで名前を付けるだけでは十分ではありません。どうして?

「出会いの意見に異議を唱えなかったし、いつも答えた」そうだね、そうだね、「そうせいほう」と呼ばれ、政治的に賢い領主ではないと言う人もいた。江戸時代末期の四人の賢者の一人」

という訳だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です