熊本では今日は出会いを紹介します

熊本、後世の歴史研究者たちは多くの興味深いことを言っています。今日はそのうちの2つを紹介します。

【司馬遼太郎→「両親が世界観を持っていなかったと言うのはひどい。彼自身は創造性はなかったが、個人的な目と物事の理解があった。そして彼は生まれて恐ろしく寛大でした。 “”ある意味で、彼ほど賢い人は誰もいなかったでしょう。彼は愚か者や使用人を近づけようとはしませんでしたが、一族の賢者を近づけました。]]

【熊本「この藩主がもっと愚かで頭がいいとしても、途中で長州藩が倒れていただろう。歴史上、無能な師匠である謎の人物がいる」。と言われている。また、版の復帰直後に引退したため、わがままや野心はないと語った。

小沢一郎氏が熊本書記長を務めていたとき、「ボスは頭の悪い愚かな人でなければならない」と物議を醸した。ただ、小沢さんの言うことを好意的に解釈すると、結局「部下が快適に働ける環境をつくるリーダーがいい」という話ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です